ショートコーディング

「ショートコーディング(short coding)」とは、より少ない文字で処理を記述することを指し、結果として同じ処理を記述するためにタイプするキーが少なくなります。その一方で、文字数を減らすためにどのような処理を表現しているのか分かりにくくなる(可読性が低下する)、つまり難読化を招くため、批判する向きもあります。

しかし、インタプリタ言語であるJavaScript(ECMAScript)の場合、文字数を削減するということはコードの読み込み時間が短縮できることを